車両保険は大きく分けると2つの種類があります。一つは一般車両保険、もう一つは車対車限定Aです。

自動車保険には入っておけと言われる理由〜聞いて納得〜

このエントリーをはてなブックマークに追加

車両保険の基本的な考え方

新車を購入したばかりの時は、大切な愛車に傷が付かないように最新の注意を払っていたという人も多いでしょう。
しかし、やはり自動車に乗ってどこかへ行けば、事故に遭う可能性もゼロではありませんし、どこかに自動車をぶつけてしまうことも考えられます。
また、自動車は買ったきりで一度も乗っていない人がいたとしても、駐車場に止めてあるときに、誰かが蹴飛ばした小石によって傷がついてしまうこともあるでしょう。
このように、自動車が損害を受けてしまった場合、その修理費用を保険でカバーするためには自動車保険の中でも、車両保険に加入しておく必要があります。
そこで、車両保険の詳細について知っておきましょう。
車両保険は大きく分けると2つの種類があります。
一つは一般車両保険、もう一つは車対車限定Aです。
一般車両保険では全てのケースにおいて保険が適用となりますが、車対車限定Aの場合には、自動車同士の事故でなければ保険が適用されません。
どちら良いのかは個人差がありますので、保険料とのバランスも考慮して検討する必要があるでしょう。
また、車両保険は様々な特約を付けることで、自分に合った内容を組み立てることも可能です。
代車費用特約や事故不随費用担保特約、さらに車両全損臨時費用特約といった様々な特約があります。
さらに、地震や火山の噴火、また津波などによって自動車が被害を受けても、通常の車両保険では対応不可となります。
保険料を追加して特約を付与しておけば、保険の対象として認められることになります。
Search


Pagelist
Copyright (C)2017自動車保険には入っておけと言われる理由〜聞いて納得〜.All rights reserved.