人身傷害補償保険とは、事故が起こった場合に、その自動車に乗っていた人の損害を基本的には無条件で補償するという内容の自動車保険です。

自動車保険には入っておけと言われる理由〜聞いて納得〜

このエントリーをはてなブックマークに追加

人身傷害保険とは

近年多くの自動車保険で見られるようになってきたのが、人身傷害補償保険というものです。
以前にはあまり見かけなかった保険の種類なのですが、最近では一般的となり多くの保険商品に付けられています。
人身傷害補償保険とは、事故が起こった場合に、その自動車に乗っていた人の損害を基本的には無条件で補償するという内容の自動車保険です。
通常の搭乗者傷害保険などでは、その事故についての過失の割合によって、支払われる保険金額も変動します。
そのため、相手の方が過失の割合が高い場合には、保険料の支払金額もそれに合わせて少ない金額となります。
しかし、人身傷害補償保険の場合には、例え自身の過失の割合が小さかったとしても、自分や同乗者の負った損害にかかる全ての費用を補償されることとなります。
さらに、この保険のもう一つの大きな特徴としては、人身傷害補償保険加入者の家族に対しての補償も付いているという点です。
保険適用の対象となるのは、記名被保険者とその配偶者、さらに同居している親族や別居している未婚の子どもと、非常に広い範囲となっています。
そして、この家族に対する補償は、歩行中に自動車事故に遭って損害を受けてしまった場合に適用されます。
全く契約者自身とは関係の場所を歩行している際に、配偶者や未婚の子どもが自動車事故に遭遇しても、人身傷害補償保険ならその損害額をカバー出来るのです。
現在では、様々なメリットがあるこの人身傷害補償保険を自動車保険に付ける人が多くなってきました。
Search


Pagelist
Copyright (C)2017自動車保険には入っておけと言われる理由〜聞いて納得〜.All rights reserved.