自損事故保険は、自損事故の場合に、自賠責保険や対人賠償保険に代わって、その賠償額をカバーします。

自動車保険には入っておけと言われる理由〜聞いて納得〜

このエントリーをはてなブックマークに追加

自損事故保険の重要性

任意保険の内容について検討する際に、忘れてはならない項目として自損事故保険というものがあります。
自損事故とは単独で起こした相手の存在していない事故のことを指しています。
例えば、ガードレールにぶつかってしまったり、道を外れて転落してしまったりすると、自損事故に該当します。
また、自動車保険について自損事故という場合には、100パーセント自分の過失によって起こった事故も含まれます。
例えば自動車同士で事故を起こした場合には、何対何の比率でどちらがどれだけの悪いといった判断が下されます。
その時に、自分の方が10、そして相手が0となるようなケースは、自損事故に該当するのです。
自損事故の場合、運転手本人がケガを負ったり死亡したりしたとしても、自賠責保険や対人賠償保険が適用されません。
そうすると、もしもその自損事故で対人や自賠責の保障範囲である賠償責任が発生すると、保険金でカバーすることが出来なくなるのです。
そこで、必要なのが自損事故保険なのです。
自損事故保険では、こういった自損事故の場合に、自賠責保険や対人賠償保険に代わって、その賠償額をカバーします。
多くの場合には、対人賠償保険の一部として、自動的に付与される仕組みとなっていますので、あまり意識したことがないかも知れませんが、とても重要な保険です。
一度、現在の自動車保険でその保障範囲を確認してみて下さい。
もしも、自損事故保険が付いていないということがあれば、必ず内容の変更を行っておきましょう。
Search


Pagelist
Copyright (C)2017自動車保険には入っておけと言われる理由〜聞いて納得〜.All rights reserved.