対人賠償保険や対物賠償保険は、事故の相手や破損させたものを賠償するための保険ですので、無制限タイプに加入するのが一般的です。

自動車保険には入っておけと言われる理由〜聞いて納得〜

このエントリーをはてなブックマークに追加

対人と対物についての詳細

対人賠償保険と、対物賠償保険について詳しく内容を考えてみましょう。
まず、対人賠償保険は、自分が起こしてしまった事故によって、相手の人がケガをしたり、死亡してしまったりした場合に適用される自動車保険です。
任意保険の中でも、特に重要となってくる保険だと言えます。
自賠責保険の保障内容もこの対人賠償保険に該当しているため重複してしまうのですが、対人賠償保険はいくら内容を厚くしても、厚すぎるということはありません。
なぜなら、万が一相手を死亡させてしまった場合や、重度の後遺症が残ってしまうようなケースでは、その賠償金額も非常に高額となります。
気持ちの面でも、相手にそれだけの損害を与えてしまったわけですから、十分に補償できるだけの保険を準備しておくのが一般的な常識だと言えるでしょう。
そのため、任意保険で対人賠償保険に加入する場合には、ほとんどの人が保険金額に制限のない無制限タイプを選択します。
もし、現在加入している自動車保険を確認して、対人賠償保険が無制限になっていなければ、すぐに変更しておくことをおすすめします。
また、対物賠償保険に関しても、ほとんどの人が無制限タイプを選択しています。
対物ということは、公共の物などを破損してしまった場合にも保険が適用となります。
公共物や他人の財産には高価な物が多いため、保険金額は無制限にしておいたほうが無難でしょう。
もしもタクシーなどのように運転を仕事としている人を傷つけ、その人が休業をやむなくされた場合には、その休業補償も対物賠償保険の適用範囲となっています。
Search


Pagelist
Copyright (C)2017自動車保険には入っておけと言われる理由〜聞いて納得〜.All rights reserved.