自動車保険の内容を詳しく見てみると様々な自動車保険の組み合わせで成り立っていることがわかります。

自動車保険には入っておけと言われる理由〜聞いて納得〜

このエントリーをはてなブックマークに追加

任意保険の内容について

任意保険とまとめて呼んでいますが、その内容を詳しく見てみると様々な自動車保険の組み合わせで成り立っていることがわかります。
まず、自賠責保険と同様に事故によって相手の人にケガを負わせてしまった場合、また死亡させてしまった場合の賠償金について補償が受けられるのが対人賠償保険です。
そして、事故が起これば傷つくのは人間だけでは済みません。
相手の自動車や持ち物に損害を与えてしまう可能性もあるのです。
そういった場合の賠償を対象として補償が受けられるのが、対物賠償保険と呼ばれています。
また、任意保険では事故を起こしてしまった自分自身にかかる費用をカバーすることも重要です。
自分がケガをしたために治療費が必要となったり、重度の障害を負ったために仕事が継続できなくなるケースも考えられます。
また、助手席や後部座席に乗っていた同乗者がケガをするケースもあるでしょう。
こういった場合には、搭乗者傷害保険が適用されることとなります。
また、自動車を運転していると、自分の過失でなくても事故に巻き込まれるケースがあります。
そういった場合に、万が一相手が自動車保険に加入していなかったとすると、相手から十分な賠償が受けられない可能性も出てきます。
それをカバー出来るのが無保険車障害保険です。
さらに相手のいない事故の場合には自損事故保険が、自動車の修理費用に関しては車両保険が適用されます。
それぞれの保険内容をよく把握しておくようにしましょう。
Search


Pagelist
Copyright (C)2017自動車保険には入っておけと言われる理由〜聞いて納得〜.All rights reserved.