自動車保険には自賠責保険と任意保険の2種類があり、その内容は大きく異なっています。

自動車保険には入っておけと言われる理由〜聞いて納得〜

このエントリーをはてなブックマークに追加

自賠責保険と任意保険の違い

そもそも、自動車保険には自賠責保険と任意保険の2種類がありますが、その二つにはどういった違いがあるのでしょうか。
自賠責保険とは、自動車を購入した際に加入することが義務付けられている自動車保険です。
そのため、現在自動車を所有していて、自賠責保険に加入していないという人はいないはずです。
自賠責保険に未加入の状態で走行すると、法律によって罰則が課せられます。
この自賠責保険では、自分が自動車で事故を起こしてしまった場合に、相手となる人がケガをしたり、死亡したりといった事態が起こったとき、その賠償金額に対する補償が受けられるように加入するものです。
要するに、「自動車を所有している以上は、事故で相手の人を傷つけてしまったら、賠償金が支払えないでは済みませんよ」ということなのです。
自賠責保険の場合、取り扱っている保険会社はいくつかありますが、その支払い基準は法律に基づいた一定の物となっています。
一方で、任意保険と呼ばれる自動車保険は、自賠責保険とは違って加入の義務がありません。
そして、保障内容は自賠責保険よりも幅広く設定することが出来ますので、非常に自由度の高い保険だと言えるでしょう。
そのため、自動車保険は商品によって保障内容や保険料、サービス内容が異なっているのです。
自動車保険を選ぶ際にはまず、自賠責保険と任意保険の違いをよく認識しておきましょう。
そして、自賠責保険ではカバーできない部分を検討して、必要に応じて任意保険へ加入します。
Search


Pagelist
Copyright (C)2017自動車保険には入っておけと言われる理由〜聞いて納得〜.All rights reserved.